ラクティスの役割

ラクティスの働きと乳酸菌って?

 

乳酸菌の数、腸内細菌の数や重さ

乳酸菌

ラクティスで乳酸菌を増やします。 体内の乳酸菌を増殖させるエキスがラクティスです。 まずは、乳酸菌とはなんでしょうか?よく耳にする乳酸菌ですが乳酸菌とは何かとはっきり答えれる人は少ないのではないでしょうか? 乳酸菌はブドウ糖や乳糖を分解をしたくさんの乳酸を生成する細菌のことです。 乳酸菌の他に私たちの腸内で約100種、100兆個の細菌が存在しています。 すべて合わせて1kg以上にもなるんです。 細菌には悪玉菌と善玉菌と陣取り合戦を行っていて、片方が減ると片方が増えることを繰り返しています。 乳酸菌は他の病気を引き起こす微生物から体を守ってくれるバリヤーの役割をしてくれます。

 

乳酸菌は生き物です

 

乳酸菌にも栄養素が必要で人間と同じように5大栄養素を要求します。

 

生き物である乳酸菌の必要な栄養

 

乳酸菌には人間と同じ栄養素が必要で取りこまなければならない「生き物」なんです。 必要な栄養素は5大栄養素と言われていて、炭水化物やたんぱく質、脂質、無機質やビタミンを要求してきます。 私たちの健康を維持するために必要な存在が乳酸菌です。 乳酸菌は乳糖を使ってエネルギーを作り出していきます。他の栄養素ではエネルギーとはならないんです。
生まれたての赤ちゃんも生後1日で様々な細菌が腸内に住みはじめ、離乳食から普通の食事になるころには成人した大人と同じ状態になります。 私たち人間にって腸内細菌は、健康を左右するものなので共に生きているといっていいでしょう。

 

腸内細菌のバランス

 

善玉菌と悪玉菌での体調の変化。バランスが崩れると、私たちの体調も変わります。 善玉菌と悪玉菌のバランスで体調が変わります。 体調不良の原因で、疲れがなかなかとれず朝が辛い、メイクがのらないといったことも起こります。 腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスで体調も変化してきます。 善玉菌が腸内で元気な時は、もちろん体調もよくて腸内はきれいです。 ですが、悪玉菌が増えてくると腸内環境が悪く体調も悪くなって免疫力も低下し病気になりやすくなってしまいます。

 

体調が悪い時は悪玉菌が、活発になっているということです。 腸内環境が、体調や部美容に関係してくるんですね。

 

ちなみに、腸の状態はお肌にも大きく関係があります。いくら栄養たっぷりのサプリメントやドリンクをのんでもそれが、お腹のなかから十分に栄養分が吸収できないと、お肌はよくない材料から皮膚細胞が形成されることになります。だから、お肌状態とお腹の中は密接にからみあっているのです。体の外からビタミンを吸収することを目的とした化粧品もありますが(例えば、エンビロンなどはビタミンAを中心とした肌ケア製品です)、基本的に皮膚は栄養を吸収する働きではありませんので、やはりお腹の中から栄養吸収のほうがいいですよね。



善玉菌である乳酸菌の働き

 

乳酸菌はデリケートな生き物で、腸まで届くことが出来ません。 ラクティスで体内の乳酸菌を増やします。 善玉菌である乳酸菌はどんな働きをしているんでしょうか。
・整腸作用
・腸の活動を活発にする
・食べた物を消化して吸収する
・便通をスムーズにする
・病原菌、腐敗菌の抗菌作用
・細菌、ウィルスからの免疫増強作用
・便秘や下痢の予防

 

乳酸菌

とこのような仕事をするのが乳酸菌なんです。 乳酸菌はヨーグルトではふゃすことが出来ない。 まず、乳酸菌といえば私たちは「ヨーグルト」を考えますよね。 ですが、ヨーグルトでは腸内で乳酸菌を増やせないんです。

私たちが知っている善玉菌の代表格が「乳酸菌」「ビフィズス菌」です。
善玉菌の代表格を聞いて、まず思いつくのは「ヨーグルト」「ヨーグルト飲料」ですね。 でも、善玉菌を増やしたりすることが出来ないんです。
なぜ?と思いますよね。
乳酸菌はデリケートな生物だったんです。 ヨーグルトを食べても胃で胃酸に倒されてしまうんです。 空気の違う環境で育った乳酸菌は、空気のない体内では育つことができません。 乳酸菌と体との相性もあるようで、相性が良い乳酸菌は住みつきますが相性の悪い乳酸菌は追い出されてしまいます。 おなかに乳酸菌を増やすにはヨーグルトではなく、生まれた時から住んでいる乳酸菌を上手く育て増やすことしかないんです。 それをしてくれるのが乳酸菌が作り出したラクティスで、乳酸菌が元気になり増えていくんです。