腸内フローラと動脈硬化の関係

動脈硬化とは

 

血管がもろくなり、血管の中に、脂質などの塊がどんどん付着して、血液の流れが悪くなる症状です。
血液の流れが悪くなると、酸素や栄養が運ばれなくなるので、周りの細胞や組織が死にます。

 

最悪の場合、血液がつまり、もろくなったところから、血管が破裂することもあります。
そうなりますと、命の危険性も出てきます。

 

 

腸内フローラと動脈硬化

 

動脈硬化とコレステロールは密接な関係があります。
なんと、この厄介なコレステロール、
ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌自体がコレステロールとくっつき、便となり、外に排出されます。
乳酸菌は、腸の環境を整えるだけでなく、コレステロールを体から追い出す働きもあるということがわかっています。
便となって排出されるので、生きていなくても効果があります。

 

腸内フローラと整えると、いいことがたくさんあります。