善玉菌のバランスを増やす

 

呼吸や食べ物、飲み物にも体内に菌が入っています。

 

寿司ケーキ

腸内には400種の菌が住み着いていて腸内フローラと言われています。 善玉菌と悪玉菌、そして第3の菌「日和見菌」の3種類の存在が 私たちの体内には無数の菌が存在しています。

菌は呼吸や食品などで体内に侵入していきます。 腸内には400種もの細菌が存在していて腸内フローラと言われています。 名前の由来は大草原の草花が群れているようなところが似ているといわれているところからきています。

 

この腸内細菌には善玉菌という私たちの健康に良い状態にするものと悪玉菌といわれるのは体調を悪くしてしまうものと2種類と思われがちですが第3の菌の日和見菌という普段は害のない振りしている名前を表す菌がいます。

 

日和見菌は悪玉菌が増えた時に、本性をあらわして私たちの体に悪影響を与えるのがいます。 人間でもいますね。普段は害のない振りして、自分より強いのが現れたら加勢する人が、それと同じと思ってください。

 

この3種が私たちの腸内で陣地争いを繰り広げています。 腸内細菌のすべての数は個人によって違いは基本的に無いようですが、細菌の種類バランスで個人によって違います。 腸内バランスを善玉菌が比率を増やすと、私たちの腸内の調子が良くて健康を保つには大切なポイントになります。
パーセンテージで言うと腸内細菌の悪玉菌はだいたい15パーセントぐらいですが、これより悪玉菌が増えると腸内バランスが悪くなり病気になるんです。

 

善玉菌を増やして健康に。

 

腸内バランスを良くして、善玉菌の働きを解明。 私たちが健康を保つには腸内バランスを善玉菌を増やして良くしていくのが重要です。 善玉菌の働きはこのようになります。
・食べたものの消化を補助して吸収しやすくします。
・抵抗力、免疫力を高めて悪玉菌の働きを抑えて病気になりにくい体つくりをします。
・コレステロール値を下げる
・老化防止
・スキントラブル解消
・口臭予防



善玉菌の働きは驚くべきものですが、善玉菌の総称「乳酸菌」。 乳酸菌のなかのビフィズス菌、ヤクルト菌、ブルガリア菌などがあります。 乳酸菌は大量の乳糖を生産する菌の総称でいろんな分類方法があります。
・生息場所
・食品化学
・形状

 

この3つの方法で分類が出来ます。

 

棲息場所の分類だと
・腸管系乳酸菌(人などの腸内にいるもの)
・植物性乳酸菌(植物 漬物や果汁、穀類に棲息)
・動物性乳酸菌(ミルク、肉などに棲息) 食品学 ・腸内乳酸菌(口に入れて腸まで生きて届いた乳酸菌)
・酪農乳酸菌(チーズなど発酵時に使われた乳酸菌) 形状 ・乳酸球菌(形が丸い)
・乳酸桿菌(棒のような形をしている乳酸菌)
今、注目されている新型乳酸菌は乳酸球菌に分類されます。 このように複数の乳酸菌が体内に棲息していますが、乳酸菌にも個性があります。 乳酸菌は悪玉菌ではありませんということですね。 善玉菌の乳酸菌を増やすには「ラクティス」で安全で確実に安心して健康な体にしたいですね。