乳酸菌を増やすために

 

乳酸菌の種類は沢山ある乳酸菌の種類は腸内に何種も存在します。

 

腸内細菌が100種のなかで40種が乳酸菌だったんです。
乳酸菌の種類は約100種類腸内存在する細菌の中、だいたい40種類存在しています。
有名な腸内細菌といえば乳酸菌やビフィズス菌で知らない人はいないのではないかというぐらい有名ですね。

 

私たちの腸の調子をよくする菌だという認識程度しか知らない人も多いでしょうね。
乳酸菌と一言でいっても同じ働きをする総称で、なかでも種類が多く働きもいろいろとあるんです。 そんな知っているようで知らない乳酸菌を考えていきましょう。

 

副産物を出す乳酸菌「異型乳酸菌」

 

糖類を発酵させて乳酸を生じる働きをしているのが乳酸菌の仕事です。 普段私たちは、乳酸菌の働きといえば腸の調子を整えるぐらいの認識でした。 具体的な働きは、ほとんど知らない状態です。

 

ブドウ糖などの糖類を発酵させて乳酸を生じさせる仕事をするんです。 その仕事名を乳酸発酵というんですが、同じ乳酸発酵でも乳酸だけ作り出す乳酸菌と乳酸以外のアルコール、 酢酸、二酸化炭素の副産物を生じさせる乳酸菌があるんです。

 

善玉菌と悪玉菌

副産物をださない乳酸を正常乳酸菌と言われ、副産物を出す乳酸を異常乳酸菌といいます。
ストレスや生活環境などで、私たちの体は悪玉菌が増えやすい状態にあります。
腸内にある悪玉菌が善玉菌の数より多くなってきてしまうと、アトピーが出てきたり、便秘や下痢をおこしたりと体調不良となっていきます。
この腸内のバランスを常に善玉菌を多くするために、善玉菌を増やすための乳酸菌、智通やラクティス等があるのです。

 

簡単に言うとどうなるの?

 

ヨーグルト

身近なものでビフィズス菌や流行りのLG21などが乳酸を発生させます。
ビフィズス菌やヤクルト菌、ラブレ菌、最近ヨーグルトでも入っていると銘をだしているLG21と私たちでも名前を知っているものでも10種あるんです。

 

名前だけだしても食品で使われていたりするので知られています。
特にビフィズス菌は一番有名で、乳酸菌を生じさせるだけでなく大腸菌が増えるのを抑制する働きをもって いていろんな要因で私たちの腸の調子を整えて守ってくれる役目をもっています。

 

 

 

 



意外にデリケートである乳酸菌 弱い乳酸菌と腸まで届く乳酸菌

 

大腸

いろんな種類のある乳酸菌食品で、とてもデリケートな乳酸菌があるんです。

 

乳酸菌は胃酸で壊れてたり胆汁にも弱いので、ヨーグルトや食品で口から食しても90パーセント以上の乳酸菌が胃、十二指腸でなくなってしまうんです。 栄養吸収する腸まで届かないんです。

 

胃酸や胆汁に耐えれる強い乳酸菌はヤクルト菌や生まれた時からからお腹の中にいる乳酸菌です。
乳酸菌の一種として飲料としても有名ですね。

 

途中で死んでしまうことなく、腸まで行きつく乳酸菌として開発されました。
善玉菌と悪玉菌 有名どころだと、ヨーグルト食品でLG21が入っているものがありますがLG21はヤクルト菌と違う力があるんです。
ヤクルト菌は胃を死なずに通って腸に届くんですが、LG21は胃でも生きていられる乳酸菌なんです。

 

乳酸菌増殖させるために 問題解決し乳酸菌を増やしてくれるエキスが誕生

こういった腸の調子をよくしてくれる乳酸菌を増やしてくれるのが「ラクティス」です。 ラクティスは乳酸菌ではなく乳酸菌を増やすための優秀なエキスです。
こだわりの大豆から生まれた豆乳で育てられ鍛えられ熟成させ必要な成分だけからうまれたエキスです。 「ラクティス」で健康で元気な乳酸菌を増殖させることができるんです。